top›研究専任系について JAXAの採用区分

研究専任系について JAXAの採用区分

<広告>

<広告>

研究専任系・研究開発系・経営管理系と主に3つの部署に分かれるJAXAですが、今回は研究専任系について説明したいと思います。

研究専任系は、簡単に言うと宇宙航空の基本的な研究を行っているところです。 研究開発系がエンジニアとすれば、研究専任系は研究者と位置づけられます。

宇宙に関することを基礎的なところから研究し、そこから宇宙開発に発展していく研究を行うといってよいでしょう。 “JAXAの事業として必要な研究を行う”宇宙航空の基盤的な役割を担っています。 とても重要な研究であり、JAXAの宇宙研究の基盤となっています。

JAXAのホームページをのぞくと、研究専任系の目標は、宇宙航空分野における深い知識・経験を基に、日本全体の研究開発力の向上を担うと示されています。 宇宙航空の基礎的な知識から次へと進む新たな研究をやっていきたい人にとってぴったりの部署だと思います。

では、研究専任系の採用区分はどのようになっているのでしょうか。 研究専任系の採用人数は4名と、比較的とても少ない人数となっています。

JAXAの全体的採用人数は40名ですから研究専任系は限られた人しか入ることはできない狭き門です。

大卒か短大卒かとは細かく書かれていないのですが、大学院を卒業した人者のみが応募条件に当てはまります。 やはり、博士号を習得しなければ就職することは難しいかと思われます。

研究開発系や経営管理系の採用人数と比べても研究専任系は少ないですし、JAXAで働きたい人は山ほどいるのでライバルは多いです。 研究専任系に就職したいならば、ライバルたちよりも秀でたものを持っていなければいけません。

1つのことに関しては誰にも負けない知識を持っていたり、何かしら資格をとっておくことも1つの有効的な方法でしょう。

<広告>

JAXA就職コラム
JAXAってどういうところ? JAXAへの就職難易度はどのくらい? JAXAの採用倍率はどのくらい? JAXAの偏差値はどのくらい?
JAXAに就職するとの年収はどのくらい? JAXAに就職するにはどんな大学が有利? お金を求めるなら一般企業のほうが良い? JAXAで働くやりがい
JAXAに採用されるまでの流れ 研究開発系について JAXAの採用区分 研究専任系について JAXAの採用区分 経営管理系について JAXAの採用区分
JAXAでは任期付職員の募集もしている JAXAは文系でも就職できる JAXAは中途採用者も募集している JAXAは障害者の募集をすることがある
JAXAの施設は見学することもできる JAXAの歴史 JAXAの長期ビジョン JAXAの宇宙飛行士になるためには?
JAXAは研修が充実している 日本初の人工衛星「おおすみ」 「のぞみ」が遺したもの 夢をのせて帰還した「はやぶさ」
宇宙開発の未来を担う「きぼう」 月への挑戦「かぐや」 超高速インターネット衛星「きずな」 金星の謎を探る「あかつき」
国際社会にけるJAXAの今後 明日を担うJAXAの宇宙教育 進化するH-ⅡAロケット 宇宙を身近に体験できる「筑波宇宙センター」
宇宙科学の研究者が集う「相模原キャンパス」 宇宙飛行士になるための条件とは? 宇宙飛行士も業務によって名称がいろいろある 宇宙飛行士になるための厳しい選抜試験
宇宙飛行士の業務 メガネをかけていたり虫歯だと宇宙飛行士にはなれないの? めちゃくちゃ高い宇宙服のお値段 食堂以上にメニューが豊富な宇宙食
無重力が人間に与える影響は? 宇宙飛行士は常に危険と隣り合わせ 不運な事故で散った宇宙飛行士たち ISS(国際宇宙ステーション)の目的
国連が定めている宇宙法とは? 宇宙で感じる3大ストレス スプートニクショックとは? 宇宙にはじめて行った動物は猿だった?
宇宙エレベーターという発想 地球観測って何?    

<広告>

<広告>